チューバ買取;ヤマハチューバ,ヒルスブルナーチューバ,ミラフォンチューバ,ウイルソンチューバを全国より買い取りします

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION
052-653-0388
日曜日・月曜日定休

チューバ買取:ヤマハ、アレキサンダー、ウィルソン、Bマイネル・ウェストン、ヒルスブルナー、ミラフォンチューバを高価買取

チューバ買取

チューバ買取

●学生時代使っていたチューバが眠っている。
●ヒルスブルナーチューバのへ買い換えたい。
●ヤマハチューバからグレードアップしたい。
●チューバを始めようと思って楽器を買ったが、難しく挫折した。
●海外のチューバをを手に入れたい。
●ピストンのチューバからロータリーに買い換えたい。
●コーンやミラフォンチューバが欲しい。
●全然使っていないので、誰かに使ってもらいたい。
●今持っているチューバはいくらぐらいになるのだろう?
●買取してもらいたいが、どこがよいのかわからない。

そんな時、簡単・迅速に買取いたします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

チューバ買取り取扱いメーカー

ヤマハ(YAMAHA)、ベッソン(Besson)、アマティ(Amati)他、アレキサンダー(Alexander)、ウィルソン(Willson)、ビー・アンド・エス(B&S)、コーン(C.G.Conn)、ジュピター(JUPITER)、ハーマン・シュミtット(Herman Schmidt)、bmシンフォニック(bm Symphonic)、マイネル・ウェストン(Meinl Weston)、チェルベニー(V.F.Cerveny)、ヒルスブルナー(HIRSBRUNER)、ホルトン(Holton)、マイスター・アントン(Meister Anton)、ミラフォン(MIRAPHONE)、ヨーゼフ・リドゥル(Josef Lidll、ルドルフ・マンイル(Rudolf Meinl)他

チューバ高価買取キャンペーン中!

チューバ買取フェア中に付き、通常査定より大幅アップ!さらにメーカー指定査定アップ中につきヤマハ、B&S、ウィルソン、ヒルスブルナー、ミラフォンマイネル・ウェストンなど有名チューバメーカーはさらに査定金額がアップしています。 総額通常査定の10~15%アップとなっておりますので、この機会に是非ご検討ください!

あきらめていませんか?・・・・このような楽器でも買い取り可能です!

●チューバのロータリーバルブが固まって動かない!
●ピストンが動かない!動きが悪い!
●スライドが動かない!
●ベルや本体がへこんでいる!
●チューバのマウスピースが抜けない!
●メッキや塗装が剥れてきている!
●サビがひどい!
●音が出ない! ・・・・・などなど。

※状態のよい楽器はもちろんさらに高額査定です!

チューバ歴史
チューバは他の楽器に比べ非常に新しい楽器です。18世紀半ばにイギリスから始まった産業革命により、金属の加工技術が飛躍的に進歩し、バルブ装置が発明され、ホルンやトランペットなどで採り入れられ改良が加えられました。それ以来、バルブ装置はさまざまな金管楽器に用いられるようになり、また新しい楽器も次々と発表されるようになりました。そうしたなか、ベルリンのプロイセン軍楽隊長ヴィルヘルム・ヴィープレヒトとベルリンの楽器製造職人ヨハン・モーリッツによるベルリン式のピストン・バルブを採用したバス・チューバという楽器が生まれたのです。 この楽器は、現在のチューバの原点となる楽器で、1835年9月12日に特許が取得されました。 語源は、ラテン語で"管"を意味する「チューバ」で、古代ギリシャ・ローマの時代には青銅製の管楽器の名前としても用いられました。その後、"ラッパ"全般を指す言葉として使われており、発明者のモーリツは、その"チューバ"の低音楽器だという意味で "バス・チューバ"と命名しました。

チューバの特色
管楽器の中で最低音域を担当するチューバは、サウンドの支えるバントにとって無くてはならない重要な楽器です。オーケストラや吹奏楽ではハーモニーの支えや、リズムを刻んだりする縁の下の力持ちの役割をします。吹奏楽やブラスバンドではほとんどB 管と Es 管が使われており、C 管や F 管を使うことは殆どありません。オーケストラでは日本やアメリカなどの場合、C 管や F 管の持ち替え、ヨーロッパではB 管と Es 管の持ち替えが多いです。一般的にオーケストラではチューバに求められている音域が時代や国、作曲家によって全く異なるため、一人の奏者が楽曲によって判断して持ち替えることが多いのに対し、吹奏楽やブラスバンドでは同時に複数の調性の楽器が譜面に指定されていることが殆どです。また、マーチ王スーザのアイディアで開発された立奏用チューバのスーザフォンは、マーチングやディキシーランドジャズなどで、フロントベルならではの独特の動きと音の伝達性で、他にはない魅力を発揮します。チューバは、バルブのシステムによって、ピストン式とロータリー式に分かれ、さらにピストン式には、トップアクション式とフロントアクション式の3種類があります。そして、それぞれのスタイルは、おもに使われる国が異なります。まず、トップアクション式はイギリス、フランスなどで人気のタイプ。ピストンが上下に動き、右手で押さえ、構えた時に奏者の右側にベルがきます。フロントアクション式はアメリカで人気があります。ピストンが前側に付いていて、右手で押さえ、奏者の左側にベルがきます。吹込管(ふきこみかん)が短いのも特徴のひとつです。ロータリー式はおもにドイツやオーストリア、ロシアなどで使われていて、レバーを右手で押さえ、ベルは奏者の左側になります。ベルの左右が変わるとオーケストラで吹く席の位置も変わり、楽曲にも大きく影響します。

選べる買取コース

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION

買取 取扱い楽器

金管楽器買取 木管楽器買取 その他の楽器買取

情報 STATION

お客様の声 楽器買取の基準 楽器買取エリア 楽器買取に関してよくある質問 サイトマップ

ヤマハ社
明治30年(1897年)日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足、YAMAHAのブランド名で展開してきたが、創業90周年の昭和62年(1987年)に社名をヤマハ株式会社に改称。創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドであり、質の良さから海外においても非常に知名度が高い。ピアノ生産量は世界シェア1位。1960年代から電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源の開発ではMIDI規格等において規格制定企業となるなど、高い技術力を誇っている。

ミラフォン社
第二次世界大戦終結間もない1946年、チェコ、グラスリッツ出身の13人の職人達が「常にプレイヤーの心を鏡(MIRA-)のように反映する拡声器(PHONE)でありたい。」という願いを込めて MIRAPHONE 】というブランドを立ち上げました。ドイツ・テューバの伝統を継承しつつ厳選した素材、精巧なメカニズム、優美なデザイン、細部に至るまで徹底的にこだわり抜いたミラフォン・テューバはまたたく間に、全世界のトップ・ブランドにまで成長しました。 数多くのトップ・アーティストに認められた、伝統とテクノロジーの芸術的な融合を最新のラインナップで皆様にお届けいたします。

チェルベニー
Cerveny社はチェコのクラロバにある150年という長い歴史を持つ金管楽器メーカー。旧共産主義国として品質を疑問視する方が多いのですが、現在はユーロ圏として他の国に引けをとらないよう国全体が今すごい勢いで変化しています。楽器もまた、西側からの技術を盛んに取り入れており、コストパフォーマンスの面からも品質の面からも楽しみなメーカーです。
当店では、いきなり高価な楽器ではなく気軽にロータリートランペットを楽しみたい方用の入門楽器としてご紹介しています。

マイネルウエストン社
メルトンMEINLウェストン - チューバ、狩猟ホルンと他Brasswindインスツルメンツ
メルトンMEINLウェストンチューバは、何十年もドイツのクラフトマンシップのベンチマークとなっている。7世代のために、MEINL - ラングハマーファミリは、最高の製造経験、細心の技量、継続的な研究開発だけでなく、個人的な献身品質を得るために自分の仕事を捧げた。

北海道東北地方:北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東地方:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨
信越地方:新潟、長野
北陸地方:富山、石川、福井
東海地方:愛知(名古屋市内)、岐阜、静岡、三重
近畿地方:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
中国地方:鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国地方:徳島、香川、愛媛、高知
九州沖縄地方:福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄